未分類

「鳥貴族マラソン」「トリキの錬金術」Go To イートの迷惑行為

 

政府の飲食店支援策「Go To イート」キャンペーンが

10月から始まっています。

 

しかし、

このキャンペーンが「不都合な使い方」をされてしまい、

参加する居酒屋チェーン「鳥貴族」が困っているそうです。




Go To イートの内容

 

キャンペーンで、消費者は「2つのお得」を選べます。

 

ひとつは、地域で使えるプレミアム食事券の発行で、

購入した25%を国が負担するものです。

(例:1万円で購入し、1万2500円分使える)

 

もうひとつは、ポイントの付与です。

 

13事業者のオンライン飲食予約サイトを経由し、

期間中に予約・来店すると、予約人数につき、

ランチ時間帯は500円分の、

ディナー時間帯は1000円分のポイントが

付与されます。

 

鳥貴族マラソン

 

この仕組みを利用した、とある現象が話題になっています。

 

キャンペーン参加の「鳥貴族」のディナーを

繰り返し予約し、来店する行為が効率の良いポイント

付与方法としてネットで紹介されているのです。

 

これは「鳥貴族マラソン」「トリキの錬金術」などと

呼ばれていて、実際に、鳥貴族で「とり釜飯」

1品だけの会計レシートの画像をツイッターに

投稿する人も現れました。

 

鳥貴族のメニューは基本的に

298円(税込=327円)です。

 

「Go Toイート」で夕食を予約・来店すると、

1000円分のポイントが付与されますので、

差し引き673円分の「儲け」が出ることになります。

 

キャンペーン予約回数に上限はないため、

(店によっては設けています)

10店舗を回れば、6730円の儲けが出るという

計算になるのです。

 

さらに、付与上限の10人で10回繰り返せば、

6万7300円ものポイントが発生します。

 

店の売り上げは98円にしかならない

 

客側にメリットはあるのですがが、

店側は必ずしもそうではありません。

 

農水省のキャンペーンページを参照すると、

ある予約サイトでは、夕食時に、1人につき200円の

「送客手数料」が発生します。

 

そうすると、Go Toイートの客が298円しか

支払わない場合、

店の売り上げは98円となるのです。

 

当然、食材費、人件費などを差し引いた利益は

もっと少ないし、「鳥貴族マラソン」の予約によって、

他の「ちゃんとした」客の利用を失ったとも

考えられるはずです。

 

全国に600店舗以上を展開する鳥貴族本社には、

「Go Toイート」が始まった10月1日より、

各店舗から「1品だけの注文客」が出現しているとの

報告が上げられているそうです。

 

広報担当者によると、「鳥貴族マラソン」、

「トリキの錬金術」に関連するネットの投稿は

同社でも確認しているとの事。




鳥貴族側のコメント

 

Go To イートのキャンペーンには弊社としても

期待していますし、ありがたい制度だとは感じています。

キャンペーンを通してお客様にいらしていただくのは

大変ありがたいことです。

 

ただし、オンライン予約にはコストがかかります。

席予約も固定されるので、他のお客様のご利用にも

影響があります。

 

このような1品だけの注文というご利用に悩んでおります。

もちろん、何かルールに違反しているわけでは

ございませんので、特段の対応はできません。

現状は、肯定も否定もしませんが・・・

 

これでは飲食店の支援にならない

 

このような「錬金術」を成立させるには、

単価の低い薄利多売の店を狙うことになります。

 

キャンペーン参加する大衆店は他にもあり、

これは鳥貴族だけの問題ではありません。

 

誰のためのキャンペーンか。

 

コロナに困った飲食店を応援するキャンペーンである事を

みんなで考えるべきだと思います。

 

ちなみに、鳥貴族の社長・大倉忠司さんは

『関ジャニ∞』の大倉忠義さんの実の父親です。