未分類

FX外国為替証拠金取引とは何か

 

昨今、「FXで稼いだ」などという

話を耳にする機会が多いように思います。

 

逆に「FXで大損をしてしまった」という話も耳にします。

 

FXは上手くやれば大きく稼げるのですが、

こんな景気の良くない時だからこそ、

FXで稼いでみたいと思いませんか?





そこで、まずはFXとは何なのかをまとめてみます。

 

 

FXとは、元々は

外国為替を表す『Foreign Exchange』の略でしたが、

最近では証拠金を業者に入れて為替の売買を行う、

外国為替証拠金取引のことを指します。

 

業者に証拠金を入れ、それを元手に貨幣を

売買することで為替差益やスワップ金利を得る

投資方法です。

 

為替差益を目的とした売買はある程度の

テクニックが必要なので、はじめたばかりの人は

まずスワップ金利を目的とした方がいいでしょう。

 

通貨の売買というと難しそうですが、最近は

ネット上の操作で簡単に取引ができるように

なりました。

 

FXは少額の証拠金からはじめられますし、

少ない手数料で取引ができるので初心者にも

うってつけの投資方法だといえます。

 

世界中のマーケットと繋がっているので、

FXは平日ほぼいつでも取引ができます。

 

一方、銀行で受け付ける外貨預金は銀行の

時間内でしかできません。

 

国家の発行する貨幣を買うので、株と違って

会社倒産によって資産価値が0になってしまう

ことはありませんし、銘柄選択の難しさとも

無縁です。

 

為替の変動で含み損が大きくなる危険性は

ありますが、そんな時でも被害を最低限に抑える

「ロスカット」ルールが存在します。

 

初心者でも最低限知っておくべき部分です。





FXではスワップポイントという独特なルールがあり、

これをうまく利用することで毎日何もせずとも

収入を得続けることができます。

 

 

FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は

低金利高手数料です。

 

外貨普通預金より金利の高い外貨定期預金は、

その時々の為替レートとは関係なしに期間が

決まるので、取引をするタイミングを自分で

決めることができません。

 

自己責任で資金を動かすことは任せ放し、

預けっ放しの投資と比べるとFXの初心者入門に

入ることは怖いものもあります。

 

けれどFXの初心者入門をおさえ、

身の丈にあった分の投資で有益な利益を

生み出すことができれば、資産形成において

有用な武器になるでしょう。