未分類

ダイエットの基礎知識(科学的なダイエットの話)

 

あなたは、ダイエットに関心がありますか?

または、ダイエットに取り組んだ事がありますか?

 

ここでは、科学的な見地からの

ダイエットの話をしたいと思います。

 

肥満は万病のもと

 

あなたは運動をしていますか?

 

現代人は運動習慣が不足がちです。

 

運動をしなくなると、食事で摂ったエネルギーが

脂肪の形で体の中に残ってしまい、

ふっくらとした体型になります。

 

これを肥満と呼びます。

 

 

肥満があまりに進むと、

やがては糖尿病・高血圧・心臓病・動脈硬化などや、

さらに癌といった様々な病気にかかる危険性が

通常の2倍以上になってしまいます。

 

 

ダイエットの成功とは?

 

世間には、それこそ

星の数ほどのダイエット法があふれています。

 

もし、あなたが

色々と試しているなら分かると思いますが、

ダイエットに特効薬はないのです。

 

「私は~~で1ヶ月で○○kg痩せました」

という体験談をよく耳にしますが、

それは体内の水分が減って、

ただ単に体重が減っただけの事なんです。

 

これを痩せたとは言えません。

 

そんな方法ではすぐに体重は元に戻ります。

 

さらに、それを繰り返す事で

体を壊してしまいかねない危険な方法なのです。

 

 

体に負担のかからないダイエットとは?

 

では、体に負担のかかりにくいダイエットとは

どんな方法なのでしょうか・・・

 

それは、体に残った余分なエネルギー、

つまり『脂肪』を少しずつ減らす事です

 

この方法はすぐに効果が出ませんが、

体重が元に戻る事はありません。

 

焦らない事が大切なんです。

 

あなたが摂取したエネルギーで、

余った分は体脂肪という形で蓄えられます。

 

要するに体脂肪とは、

酸素で燃えるエネルギーと考えて下さい。

 

当然、運動量が少なく摂取カロリーが高いと、

余分なエネルギー(脂肪)が

蓄えられることになるわけです。

 

これが肥満ですね。

 

それでは、あなたの体には

どれくらいの余分なエネルギーがあるのでしょうか!

 

 

あなたの肥満度はどれくらい?

 

肥満度を表す数字として、

体格指数(BMI)があります。

 

そして、調査結果から

BMIが22.2である人が

最も病気にかかりにくい事がわかっています。

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

※本当はkgは体重では無く質量の単位なんです。

 

でも、この辺を理解している人は、ほんのわずかです。

 

体重が65kgで身長が170cmの場合のBMI値は

65÷1.7÷1.7=22.5

という事ですね。

 

そして、BMI値による体型は以下のようになります。

 

18以下 痩せ過ぎ

18~20 痩せぎみ

20~24 正常(22がベスト)

24~26 太りぎみ

26以上 肥満

 

 

注意して欲しいのは、

BMIはあくまで体型からきているものです。

 

実際にはBMIが同じでも、

体脂肪率が個人によって差があります。

(筋肉質の人と、そうでない人)

 

ですから、体脂肪率も測定してみて下さい。

 

体脂肪率は体脂肪計で測定します。

 

体脂肪率で、

男性は20%以上で肥満

女性は6~14歳で25%、

15歳以上で30を超えると肥満です。

 

 

正しいダイエット方法とは?!

 

さて、人間が生きていくために

必要なエネルギーの消費を基礎代謝といいます。

 

一般成人で、1500~2000 cal です。

このエネルギーは様々な筋肉の活動に使われます。

 

このように説明すると、

「基礎代謝の量より少なく食事を摂って、

運動もしなければ筋肉もつかずに痩せられる」

と思ってはいけません。

 

実は、そこに大きな間違いが潜んでいるのです。

 

食事の量を減らしたり、

簡単なサプリメントを摂るだけだと、

食欲が満たされず、あなたの体は

空腹が続いた状態(飢えの状態)になります。

 

すると、体は生命の危機を感じて、

基礎代謝量を減らしてしまうのです。

 

しかし、

脳や心臓の活動を急激に落とす事が出来ないため、

筋肉を分解して脳の栄養をまかないます。

 

そうなると、体の水分だけが抜けて体重が減るので、

痩せたと錯覚するのです。

 

「基礎代謝も下がり、筋肉も減るのでラッキー」

などと喜ばないで下さい。

 

筋肉は姿勢維持だけでなく、

体を引き締める役割も果たしているのです。

 

また、食事を減らし、

基礎代謝を下げた場合どうなるかです。

 

体は飢えた状態が続いています。

 

そんな所へ、少しでも過剰の食事を摂った場合、

体は飢えに備えて、

一番効率の良い脂肪として蓄えてしまいます。

 

これがリバウンドです。

 

そして、リバウンドは以前より太りやすく、

痩せにくい体を作ってしまいます。

 

ダイエットって難しいんですね!