未分類

アンジャッシュは解散か?渡部建の不倫の影響は大!

 

2020年6月9日にアンジャッシュの

渡部健さん(47)がレギュラー番組の出演を

自粛するというニュースが駆け巡りました。

 

 

そして、11日発売の「週刊文春」で3人以上との

女性との不倫や、商業施設の多目的トイレなどでの

不貞行為が報じられました。




渡部さんの不倫スキャンダルはアジア各国にも波及

 

週刊文春のスクープの2日前、2020年6月9日に

渡部さんがレギュラー番組の出演を自粛するという

ニュースが駆け巡ると、中国、台湾、韓国などアジアの

メディアも「あの佐々木希の夫が不倫か」といった

見出しのニュースを次々と掲載されたのです。

 

この時点では出演自粛の明確な理由が

説明されていなかったとはいえ、

「絶世の美女と結婚した芸人は何故浮気をしたのか」

「仮面夫婦だったのか?」など、様々な憶測記事が

公開されていました。

 

同時に、SNSでも困惑の声が広がっていたのです。

 

そして11日「週刊文春」が渡部さんの不倫について

事細やかに書いた記事を発表したところ

その内容はすぐさま翻訳され、

海外ファンの間に知れ渡ることとなりました。

 

佐々木希さん(32)はその美貌と抜群のスタイルから

長年アジア圏でも人気があり、渡部さんとの結婚が

決まった際は彼に対し多くの羨望と恨み節が

寄せられていたのです。

 

日本と同じく多くのファンが「女神を射止めた」という

認識をしている中、複数の女性と不倫をしていたという

事実は受け入れがたいものだったのです。

 

中国版ツイッター・Weiboは、9日時点で

「一体何故!?」「何があったの?」といった話題で

大きな盛り上がりを見せていました。

 

東スポの報道を引用したファンが

「佐々木希が部屋を掃除できないから不倫したらしい」

と投稿すると、「妻を家政婦にするために結婚したの?」

「油条(揚げパン)にしてしまえ」など、

主に女性ファンからの怒りが殺到しました。

 

一時は「#渡部建が不倫した理由」というハッシュタグ

が登場する事態となったのです。

 

アンジャッシュの歩み

 

都立日野高の同級生だった2人は1993年に

コンビを結成。

 

99年スタートのNHK「爆笑オンエアバトル」などで

注目を集めました。

 

その後、2007年に渡部さんがラジオ番組の

ナビゲーターを担当するなど

最近では個々の活動が活発化しています。

 

アンジャの『じゃないほう芸人』だった

児嶋一哉さん(47)も「大嶋じゃないよ。児嶋だよ!」

のフレーズでいじられキャラを確立。

 

 

俳優としても活躍中で、

テレビ朝日系「おっさんずラブ」などに出演しました。




アンジャッシュは解散してしまうのか?

 

渡部さんの相方の児嶋さんらが

コンビ継続の方向で調整していることが11日、

分かりました。

 

複数の関係者は「コンビ解散はしない」

「渡部のイメージは急落だが解散には至らない」

と説明しています。

 

児嶋さんは12日放送で

渡部さんがナビゲーターを務めるJ-WAVE

「GOLD RUSH」(金曜後4・30)に急きょ

代役で生出演が決定しました。

 

謝罪などで窮地に立たされた相方をフォローします。

 

さらに、翌13日は渡部さんが司会で、

児嶋さんが準レギュラーを務める

TBS系「王様のブランチ」(土曜前9・30)に

ピンで生出演予定です。

 

謝罪を含め、2日連続で相方のフォローに

奔走するようです。

 

アンジャッシュの今後は・・・

 

アンジャッシュとしての活動は、

今後はどうなるのでしょうか?

 

ちなみに同じ所属事務所のアンタッチャブルの場合は、

ツッコミの柴田英嗣さん(44)が体調不良と

女性問題で無期限休養するも解散しませんでした。

 

しかし、コンビ活動再開は10年を要しており、

アンジャッシュもそれなりの時間がかかるのでは

ないでしょうか。