未分類

スマホの寿命を延ばすための3つポイント

 

あなたは、スマホを使っていますか?

 

そして、使っているとしたら

1つのスマホをどれくらい使い続けていますか?

 

スマホは、

使いかた次第でその寿命を延ばすことが出来ます。

 

そこで、

スマホ寿命を延ばすために心掛けたい

3つのポイントを挙げますので

参考にしてみて下さいね。

 

スマートフォンの発熱に注意

 

スマートフォンを使っていると、

急に本体が熱くなることがありますよね。

 

しばらくすると元の温度に戻るため、

それほど気にしていないかも知れません。

 

しかし、発熱はスマートフォンに

負荷が掛かっていることを示しており、

出来れば避けたい事態です。

 

場合によっては、

急に電源が切れてしまったり、

発熱による異常な動作「熱暴走」が

起きてしまったりします。

 

スマートフォンが発熱しやすいケースは

いくつかあります。

 

GPSを使って道順をナビさせている、

カメラを起動して写真や動画を撮り続けている、

ゲームをしている時などに

本体の温度が上がりやすいのです。

 

これは、スマートフォンの頭脳である

CPUに負荷が掛かっている状態です。

 

熱くなってきたと感じたら、

いったんアプリを終了させて

温度が下がるのを待ちましょう。

 

スマートフォンを充電しながら

操作することも避けるべきです。

 

バッテリーに負荷が掛かることで、

本体の温度が上昇します。

 

スマートフォンを使う環境も大切です。

 

暑い夏の日や直射日光が当たる場所など、

周囲の気温が高い場所では

スマートフォンが放熱出来ず、

熱くなってしまいます。

 

また、熱くなったからといって

冷蔵庫に入れたり、保冷剤を当てるなどして

急激に冷やしてはいけません。

 

スマホの内部が結露してしまい、

故障の原因になることがあります。

 

発熱したと感じたらスマホの使用を中止し、

それでも下がらない場合は電源を

オフにして冷めるのを待つとよいでしょう。

 

 

バッテリー寿命を出来るだけ延ばす

 

スマートフォンの寿命を延ばすことは、

バッテリーの寿命を延ばすことでもあります。

 

スマートフォンには

「リチウムイオン電池」というバッテリーが

搭載されています。

 

リチウムイオン電池は

旭化成名誉フェローの吉野彰が

ノーベル賞を受賞した事でも有名ですが

この電池は使用を繰り返すうちに劣化し、

充電できる容量が減っていきます。

 

ある程度の劣化はやむを得ないのですが、

出来るだけ長持ちさせるためのコツがあります。

 

それは、

100%の充電と0%の状態にならないよう、

50%程度の充電状態を保つことです。

 

電源コードを繋ぎっぱなしにして

就寝する人は多いと思いますが、

100%を超えている状態でさらに充電し続けると、

バッテリーの劣化を進行させてしまいます。

 

満充電になったら電源コードを

抜いておくようにしましょう。

 

また、先ほど触れたように、充電しながら

スマートフォンを使うことも避けましょう。

 

満充電に近い状態で、

放電と充電を繰り返すことでバッテリーに

負荷が掛かり、劣化が進んでしまいます。

 

 

画面割れはフィルムやケースで防ぐ

 

スマートフォンを落とした際に

画面の一部が割れてしまうのは、よくあることですが、

割れたまま利用するのはさらなる故障の原因に

なります。

 

割れたら修理すればいいのですが、

費用がかかる上に修理期間の間スマホが使えず、

大変不便です。

 

出来るだけ割れないように気を付けたいものですね。

 

画面割れを避けるには、

スマートフォンを落としにくくすることが重要です。

 

スマホケースを

シリコン製など滑りにくい材質のものや、

握りやすく曲線になっているもの、

背面に手を通すバンドが付いているものにすると

良いですね。

 

また、バンカーリングやホールドリングと呼ばれる、

スマートフォンの背面にリングを付けて

指を通して使う商品を利用するのも良いでしょう。

 

画面のガラスに保護フィルムを貼るのも

おすすめです。

 

強化ガラス製の保護フィルムなら、

画面に多少の衝撃があっても

画面割れを防ぐことが出来ます。

 

100円均一ショップや

家電量販店などで手に入りますので、

貼っておくと安心です。

 

 

スマホは上手な使い方をして

寿命を延ばすようにして下さいね!