未分類

マスク不足解消で、アベノマスクの必要性がなくなる!

 

新型コロナウイルスが感染拡大する間、

ずっと品切れだったマスクが、連休中から全国の

ドラッグストアに並ぶようになりました。

 

トラックで乗り付けてマスクを売っている業者を

片田舎の小さな駅前でさえも、見かける事があった

くらいです。

 

このように、

マスク不足が解消されつつあるように思われます。

しかし、これとは対照的に安倍晋三首相の肝いり政策

「アベノマスク」(布マスク2枚)の全世帯配布は

まだ完了していません。

 




あるアパレル業者の話

 

アベノマスクの検品を請け負ったアパレル業者が

ある雑誌の取材に次のように証言しているそうです。

 

これはうちで検品したアベノマスクです。

 

倉庫に残っているのは全部、B品と業界で呼ぶ不良品。

 

適正なA品と判定されるのは、100枚検品すれば、

30枚から40枚。

 

依頼主は政府から受注した大手のA社です。

 

納期が短くゴールデンウィーク返上で

何十万枚ものマスクを検品しました。

 

A社も直接、検品作業を見に来ました。

 

大きな会社ですから普通はあり得ないですね。

 

かなり焦っていたと思います。

 

この証言から、アベノマスクはかなりひどい

マスクのような気がします。

 

そして、業者の証言にあったように不良品が多いため

なかなか各家庭に送られて来ないのでしょうね。

 

4月1日にマスク配布を発表するも・・・

 

新型コロナウイルス感染症対策で日本の

約5000万世帯に2枚づつ、布製のマスクを

配布すると安倍首相が唐突に発表したのは

4月1日の事でした。

 

しかし、4月17日の配布直後から妊婦用マスクなどに

虫や髪の毛の混入、マスクの汚れなどが

指摘されていました。

 

そして、A社を含むマスクを納入した複数の会社は、

「この度の事態を真摯に受け止め、未配布分に

つきましては全量回収の上再検品し、生産協力工場に

おける検品体制への指導強化を行うとともに、国内での

全量検品を行います」

などのコメントを発表していました。

 

その未配布分の検品作業、不良品を補う新規の

マスク製造を日本国内のアパレル関連の下請け業者に

追加発注されたそうです。




アベノマスクは税金の無駄遣いなのか?

 

ゴールデンウイークの連休前後から全国の

ドラッグストア、街の商店街の店頭には品不足だった

マスクが箱で大量に売られるようになっています。

 

 

その多くは中国製品で飽和状態に

なりつつあるようです。

 

ある自民党幹部が次のように話しているそうです。

 

アベノマスクはマスク不足に対応する政策で短期間で

全世帯に配布されなければ意味がない。

 

すでに市場で飽和状態となりつつあるマスクを

今さら残りの世帯に配っても間抜けなだけでしょう。

 

しかも国内産となれば、かなりの割高。

 

安倍官邸が音頭をとったアベノマスクですが、

不良品問題、業者選定の不透明さなどで疑念ばかり生み、

結果的にはやらないほうがよかった。

 

安倍政権の命取りになりかねないと不安視する声も

ある。

 

実際に、私自身もドラッグストアでマスクが普通に

売られているのを見かけています。

 

ですから、今さら、アベノマスクを貰っても

必要が無いのです。

 

さらに、ウワサではアベノマスクはサイズが小さいと

聞きますので、送られて来ても使わずに、最終的には

ゴミ箱行きになる可能性があります。

 

これでは本当に税金の無駄ですね!