未分類

コロナの特効薬まとめ、アビガン・レムデシビル・イベルメクチン・シクソレニド・アクテムラ

 

世界の各国で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

対策の薬品が研究されていて、

効果があるのでは?と考えられる、

いくつかの名前が挙がっていますね。

 

それらの中から、

期待できそうな薬品をいくつか紹介します。

 

これらの中から新型コロナウイルス感染症の

特効薬となるものが出てくれば良いんですけどね・・・




シクソレニド

 

シクレソニド(商品名:オルベスコ)」とは、

帝人ファーマーの吸入ステロイド喘息治療薬で、

気道の炎症を抑える吸入薬として喘息の治療に

用いられます。

 

 

そして、

「シクソレニド」は、成人用としては日本で初めて

「1日1回投与」が認められた吸入ステロイド薬でも

あるのです。

 

また、既存の吸入ステロイド薬で認められる

口腔咽頭部内の副作用(から声、口腔内カンジダ)の

発現が少ない事が確認されています。

 

神奈川県立足柄上病院などの

治療チームの報告によりますと、

クルーズ船の乗客で感染が確認された3人に

「シクレソニド」を使って症状が

改善したという事です。

 

このうち、73歳の女性患者に使用したところ、

2日程度で症状が改善し、

ウイルス検査が陰性となって先月28日に女性は

退院したそうです。

 

レムデシビル

 

 

レムデシビル(商品名:ベクルリー)」は

アメリカのGilead Sciences社が開発した、

エボラ出血熱及びマールブルグウイルス感染症の

治療薬です。

 

他にも、ラッサ熱ウイルスや

コロナウイルス(MERSやSARSウイルスを含む)にも

効果があります。

 

100例以上の新型コロナウイルス感染症の患者に

「レムデシビル」を投与したアメリカの病院で、

ほとんどの患者が重度だったにもかかわらず、

大部分で症状が改善しています。

 

さらに1週間後には退院できたという報道も

ありました。

 

また、アメリカ国立衛生研究所やGilead Sciences社の

研究グループは、4月15日、

新型コロナウイルスに感染させたアカゲザルに

「レムデシビル」を投与したところ、

肺ウイルス量が減少したという結果を報告しています。

 

アビガン

 

アビガン(商品名:ファビピラビル)」は

富士フイルム傘下の「富士フイルム富山化学」が

開発したインフルエンザの治療薬です。

 

 

社名が「富山化学」となっていますが、

会社の拠点は関東を中心としています。

(富山にも工場はあるようですが・・・)

 

薬と言えば富山のイメージがありますからね・・・

 

この「アビガン」は

ウイルスが体内で増殖するのを抑えることで、

症状を緩和することができるそうです。

 

日本では、既存の他の薬品が効かなかった場合、

もしくは十分な効果が得られないインフルエンザが

発生し、国が使用を決めた場合に

投与されることになっていました。

 

つまり、この「アビガン」は日本国内においては、

普通は使用できない薬品だったのです。

 

普段は使用できないということは、

当然この「アビガン」にはリスクがあり、

妊娠中に使用すると胎児に影響が出る可能性が

あるのです。

 

ですので、妊娠中の使用や使用後の授乳を避けるほか、

一定期間は避妊も必要となります。

 

「アビガン」に関しては中国の病院で

80人の患者を対象に行われた試験では、

症状が改善した患者の割合を胸部X-線で撮影して

計測しました。

 

その結果、「アビガン」を投与しなかった人たちは

62.22%が改善したのに対し、

投与したグループは91.43%の改善が

見られたのです。




イベルメクチン

 

 

イベルメクチン(商品名:ストロメクトール)」は

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授が開発した

経口型の家畜用の駆虫薬です。

 

アメリカの検査結果では、

人工呼吸器を使用する必要のあった患者のうち、

「イベルメクチン」を使用しなかった患者の死亡率は

21.3%でしたが、

使用した患者の死亡率は7.3%と

約3分の1にとどまっています。

 

さらに、患者全体での「イベルメクチン」を

使用した場合の死亡率は1.4%で、

使用しなかった場合の死亡率の8.5%と比較して

約6分の1に抑えられたそうです。

 

アクテムラ

 

 

アクテムラ(商品名:トシリズマブ)」は

中外製薬が創製した国産初の抗体医薬品で、

関節リュウマチ、キャッスルマン病などの治療薬として

承認されています。

 

海外では、重症COVID-19肺炎患者約330例を

対象に臨床試験が行われています。

 

まとめ

 

世界中でCOVID-19を研究していますが

まだ、特効薬となるものができていません。

 

様々な薬品が治療に使われていて、

それなりの成果が出てはいるのですが、

絶対というものが見つかっていないのが現状です。

 

ですので、

早く特効薬が見つかる事を期待したいと思います。