未分類

「攻殻機動隊」草薙素子役の『田中敦子』とは?!

 

NETFLIXで

「攻殻機動隊」の配信が始まりましたが、

この作品の中の主人公草薙素子の声を

担当しいている田中敦子さんについてまとめてみます。

 

田中敦子さんのプロフィール

 

 

田中敦子さんのプロフィール

本名:佐藤敦子(さとうあつこ)(旧姓:田中)

生年月日:1962年11月14日(57歳)

出身地:群馬県前橋市

出身校:群馬県立前橋女子高校、フェリス女学院大学

身長:164cm

配偶者:あり

職業:声優、ナレーター

事務所:マウスプロモーション

 

洋楽作品での吹き替えでは、

特にニコール・キッドマンを多く担当しています。

 

ケイト・ベッキンセール、ジェニファー・ロペス、

モニカ・ベルッチ、レイチェル・ワイズなどの

吹き替えも多いです。

 

アニメにも多く出演し、正統派のヒロインから

悪役のボス、シリアスな役柄からコメディー色のある

役柄まで幅広くこなしています。

 

特に知的クール・姉御肌といった大人の女性役が

中心です。

 

中学校在学中から演劇とダンス活動を交互に行い、

大学卒業後はOLとして勤務していました。

 

その間もダンスのレッスンを受け、所属した舞踏団で

月に1度のペースでシテージ活動を行っていました。

 

声優志望ではありませんでしたが、その舞踏団で

声の仕事をしている人物の紹介で、

東京アナウンスアカデミーへ通ううちに声優を

志望することになったようです。




「攻殻機動隊」とは?

 

 

「攻殻機動隊」は士郎正宗氏の漫画が原作で

1995年に押井守監督により

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」として

アニメ化され、その後、「イノセンス」

「攻殻機動隊 ARISE」と続編のアニメが作られています。

 

「攻殻機動隊」のストーリー

 

21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した

第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」

となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台です。

 

その中でマイクロマシン技術を使用して、

脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する

電脳化技術や、義手・義足にロボットを付加した

発展系であるサイボーグ(義体化)技術が

発展、普及した。

 

その結果、多くの人間が電脳によってインターネットに

直接アクセスできる時代が到来した。

 

生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、

アンドロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、

汚職などの犯罪を事前に察知して、その被害を

最小限に抑える内務省の公安警察組織「公安9課」

(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語です。

 

その中でも代表作と言えるのが

1995年の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」です。




「草薙素子」とは・・・?

 

草薙素子は、幼少の頃に、脳と脊髄の一部を除く全身を

義体化した女性型サイボーグで、公安9課の実質的な

リーダーです。

 

 

冷静沈着な性格に加え、判断力、統率力、身体能力

(義体制御能力や戦闘能力)において突出した才能を

発揮する他、高度なハッキングスキルにより

上司の荒巻には「エスパーよりも貴重な才能」と

評されている。

 

なお、士郎正宗氏の原作では「草薙素子」という名前も

偽名であることが示唆されています。

 

押井守監督による映画版の監督個人の設定では、

年齢は47~48歳。

神山健治監督による

「攻殻機動隊S・A・C」シリーズでは、第1作の

時点で25~26歳となっています。

 

直感による判断を「コースとの囁き」と称しています。

 

世界で屈指の義体使いであり、法を尊重する

立場でありながら、事件を解決するために非合法な

手段を使うことも躊躇せず、必要とあらば課員にも

ゴーストハックを仕掛けたり、

枝(電脳への侵入経路)を付けたりする。

 

過去に軍隊に所属していた経歴から、

課員からは「少佐」と呼ばれている。

 

女性の義体を使っていることもあって、

身長は168cmと9課の中では小柄であるが、

これは任務上、外見的な支障をきたさないように

配慮してのことである。

 

サイボーグ化の経緯は、シリーズによって

異なっていますが、幼少時に事故か病気で生身の体を

失ったためとなっています。