未分類

「みちょば」は見かけとは違って真面目な性格だ!

 

コロナウイルス感染の拡大で大変な中、

令和ギャルタレントとして、若者たちから

支持を集める「藤田ニコル」さん(22)、

「みちょば」さん(21)、「ゆきぽよ」さん(22)

といった面々の言動が注目を集めています。

 

見かけは派手で、おバカ発言を連発しそうなのだが

 

新型コロナウイルスの感染が拡大し、せっかくの

大型連休なのに不要不急以外の外出を自粛するよう

求められています。

 

4月上旬には危機感のない多くの若者が渋谷などの

繁華街で遊ぶ姿がメデイアで

取り上げられていましたが、最近は繁華街で遊ぶ若者の

姿が減少したようです。

 

そんなコロナ騒動の中で、若者たちから指示を集める

「藤田ニコル」さんや「みちょば」さん、

「ゆきぽよ」さんといったギャルタレントの言動が

注目を集めています。

 

派手な見た目でおバカ発言を連発するという

イメージを持っている人は多いと思うのですが、

コロナ騒動に関してはかなり常識的な言動を

しているのです。




「ゆきぽよ」さんの言動

 

「ゆきぽよ」さんは3月27日のYouTube生配信番組に

出演した後、報道陣に対応しました。

 

 

その時に「ギャルのカリスマとして若者たちに一言」

と振られると、「渋谷に来るなって思いますね」

「そのまま家に帰って、高齢者の方がいらっしゃったら

大変なことになる。しばらく落ち着くまでは、地元から

出ないようにして」とコメントしていたのです。

 

また、4月19日に放送された『サンデー・ジャポン』

(TBS系)では、10万円の一律給付について、

「受け取りたいと思う」と発言しました。

 

この発言についてSNS上では、「正直でよかった」

「若者が辞退したら、受け取りにくい雰囲気を

出してしまう」と好感の声が上がっていたそうです。




「みちょば」さんの言動

 

「みちょば」さんも『サンデー・ジャポン』の中で、

コロナ感染拡大について発言しています。

 

4月12日の放送では、宅配ドライバーが配達先で

アルコールスプレーをかけられるなど、コロナによる

職業差別が生まれていることについて、

「自分が頼んでるから来てるのにスプレーするとか・・・

人としてもう」と不快感を露わにしました。

 

 

コロナウイルス感染拡大への対応が国よりも

小池都知事が先行しているように見えることに対しては

「本当は国が引っ張っていかないと。なんか、どっちが

リーダーなのか分からないというか」と

疑問を感じているようで、さらに

「小池さんはちょっと頼もしいというか。これだけ

動いてくれるんだって。東京の人はありがたいと

思いますけど」と語っていました。

 

「藤田ニコル」さんの言動

 

「藤田ニコル」さんは自身のSNSから、

しっかり外出自粛をしている様子を発信します。

 

 

4月3日のInstagramでは「今日の私は昼間に起きて

自炊しながら缶ビール飲んで食べて部屋掃除して

お昼寝して長い湯船入ってゲームして寝て夜ご飯食べて

寝る部屋にプロジェクターを付けたのでそれでゴロゴロ

したりしてる」と自宅での様子を報告しています。

 

さらに、「お家にいないとなって思って最初の方は

寂しくてたまらなかったけど、なんとか寂しさも

耐えれる。。。たぶん。。くらいの域まできたもん。。。」

と心境を明かしていました。

 

また、4月17日のTwitterでは「まじで髪の毛プリンに

なってきたし、ネイルのびのび。。笑 リモート収録

なのはありがたいけど、そろそろやばい、、、」と

ポツリとつぶやいて、外出自粛が続き、

美容院に行けてない事を報告していました。

 

このように彼女は、

外出自粛の要請をかたくなに守っていたのです。




見かけとは違い真面目な彼女たち

 

ギャルタレントと評される「藤田ニコル」さん、

「みちょば」さん、「ゆきぽよ」さんたちですが、

もともと正義感が強く、筋が通ってないことを嫌う

性格なのかも知れませんね。

 

そんな彼女たちをTVウオッチャーの中村裕一氏は、

次の様に見ています。

 

マスクもせず無自覚に出歩いたり、トイレットペーパー

などの買い占めをしている大人たちよりも危機意識を

しっかり持ち、SNSなどで情報発信を続ける若い

彼女たちの方がよっぽど立派だと思います。

 

昔とは違い、現在のギャルタレントはその派手な

ルックスとは裏腹に堅実な価値観・考え方を

持っているのが特徴。

 

この状況を深刻に受け止め、ステイホームを

訴えるのは自然な流れですし、懸命なその姿に元気を

もらい、励まされる人もきっと多いことでしょう。

 

大型連休明けの政府の動向も踏まえ、まだまだ

どうなるか先がまったく見えませんが、彼女たちには

今後もその大きな影響力・拡散力をフルに

活用してもらい、ポジティブかつ積極的に

情報発信してもらいたいですね。

 

なかなか収束が見えないコロナウイルス感染です。

 

政府が外出自粛を訴えても

聞く耳を待たない人が多いように感じます。

 

ですから、彼女たちのように特に若者に影響力のある

人たちが、どんどん情報発信をすることで

人々が行動をしてくれるのではないでしょうか。

 

しかし、彼女たちは見かけとは違い

しっかりしているし、真面目な考え方を

持っていることに驚かされました!