未分類

新型コロナ対策支援制度(給付金、資金貸付など)のまとめ

 

新型コロナウイルスの影響で、

困窮している人が増えているようですが、

あなたの生活はいかがですか?

 

現在、様々な支援制度があります。

 

そこで、補助金、融資などの支援制度をまとめてみました。

 

ですので、参考にしてみて下さいね!




もらえる・戻ってくる

 

特別定額給付金(一律10万円)

 

4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人には

一律10万円が支給されます。

 

申請から受け取りまでの流れ

受付及び給付開始は市区町村によって異なりますが、

基本的な流れは同じです。

 

①申請書が各世帯に届く

住民票のある市区町村から申請書が届きます。

 

②郵送かオンラインで申請

【郵送の場合】

・世帯主の本人名義の振込口座番号などを記入

・振込口座の確認書類と本人確認書類のコピーを一緒に返送

【オンラインの場合】

・マイナポータルから振込先講座情報を入力

・振込先口座の確認種類をアップロードして申請

(電子署名で本人確認を実施。班員確認書類は不要)

 

③給付金が振り込まれる

家族分の給付金がまとめて口座に振り込まれます。

 

対象者

2020年4月27日時点で住民票のある人に対して、

1人当たり10万円が給付されます。

 

ただし、受給できるのは世帯主で、

「郵送申請方式」や「オンライン申請方式」などによる

申請が必要となります。

 

申請受付期間

申請期間は3ヶ月で、受付開始は市区町村ごとに決めます。

 

子育て世帯への臨時特別給付金

 

児童1人につき1万円が給付されます。

 

対象者

児童手当を受給する世帯

 

申請期受付期間

未定

 

その他の制度

 

布マスクの全戸配布

 

洗剤を使って洗うことで再利用可能なマスクを、

日本郵便の配送網を活用し、全国の世帯に向けて、

1住所当たり2枚ずつ配布されます。

 

評判があまり良くない、いわゆる「アベノマスク」です。




借りられる・免除される

 

緊急小口資金貸付

 

一時的な資金が必要な人(主に休業している人)に対しての

貸付金です。

 

貸付上限額

学校の休業、個人事業主等の特例の場合・・・20万円以内

その他の場合・・・10万円以内

 

対象者

一時的な資金が必要な人(主に休業している人)

 

申請期間

2020年3月25日~

 

総合支援資金貸付(生活支援費)

 

生活の建て直しが必要な人(主に失業した人)に対しての

貸付金です。

 

貸付上限額

2人以上の場合・・・月20万円以内

単身の場合・・・月15万円以内

貸付期間は原則3月以内となっています。

 

対象者

生活の建て直しが必要な人(主に失業した人)

 

申請受付期間

2020年3月25日~

 

民間金融機関の特別融資まとめ

 

民間金融機関が取り扱っている特別融資が、

地域ごとに検索できます。

 

詳細は下からどうぞ!

⇒ クリック