未分類

マスクを増産しているのに買えな理由、どうすれば買えるのか?

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国的な

マスク不足が叫ばれていますが、いつになったら

普通に買えるようになるんでしょうね?

 

国内メーカーがそろって増産し、大手家電メーカーまで

生産に参入していますが、どうしてマスクは未だに

買えないのでしょうか・・・

 

 

現在のマスクの生産体制は・・・

 

経済産業省によると、国内メーカーは24時間体制で

通常の3倍の増産を継続中だそうです。

 

3月は中国などからの輸入も含め6億枚超の供給量を

確保し、4月は7億枚超の供給がありました。




なぜ、マスクが店頭に並ばないのか・・・

 

一時横行した転売目的の買い占めは政府の規制で

鳴りを潜めて、ウイルス拡大で急減していた輸入も

順次回復してきています。

 

全国マスク工業会によると、

店舗への入荷頻度も増えているそうです。

 

それなのに、店頭でマスクを見かけない最大の理由は、

際限ない需要の増大なのです。

 

店舗に朝から行列ができるため、売り場にマスクを

並べる時間を不定期にした薬局も出始めました。

 

そんな状態ですので、

「マスクを売り場に置くと瞬間的に売り切れる」状況が

続いています。

 

また、生産・輸入されたマスクの全てが店頭に

並ばないという事情もあります。

 

厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は

「医療機関や高齢者向け施設、公共交通機関など

マスクを優先的に必要としている所が多く、

店頭販売に回るマスクは限られてしまう」

と説明しています。

 

大手企業のマスク生産

 

シャープ

 

大手家電メーカーのシャープがマスク生産に参入し、

液晶ディスプレイ工場のクリーンルームを使って

1日約15万枚を国内生産しています。

 

しかし、4月21日の午前10時より販売を

開始しましたが、注文が殺到してしまい、

注文サイトへ入れない人が続出し、

クレームが大量に発生してしまいました。

 

そのために、先着順をやめて抽選販売に

切り替えたのです。

 

そして、第1回の抽選販売は4月27日に行われます。

 

 

アイリスオーヤマ

 

品薄が続くマスクの国内生産枚数を引き上げる方針を

発表しました。

 

宮城県角田市の工場で6月以降に計画している

生産規模を、当初の2.5倍に当たる

月産1億5000万枚へ上積みします。




政府支給マスク(アベノマスク)の失態

 

色々と言われている「アベノマスク」の支給が

始まりましたが、一部に汚れや虫の混入などが

発見されています。

 

 

これについて、菅義偉官房長官は4月22日の

記者会見で「生産流通の過程において一定程度の

不良品が生じることはあるが、実際の配布を行う

前段階で適切に除外されている」と述べ、

問題はないという考えを示しています。

 

しかし、回収・返品でまたまた余計な財源を使うことに

なるのではないでしょうか・・・

 

私の個人的な意見ですが、アベノマスクなんて

必要ないと思うのです。

 

マスクを手に入れる方法

 

マスク不足が叫ばれる中、

割と簡単に買っている人も多いのです。

 

マスクを簡単に買えた人の意見をまとめると、

午前中の時間帯に、近くのドラッグストアや

スーパーに行けば良いみたいです。

 

また、Amazonなどでも

買うことができるようです。