未分類

『コーヒーの基礎知識』コーヒー豆の種類など・・・

 

私はコーヒー好きで、

1杯のコーヒーから1日がスタートします。

 

 

当然、豆を買ってきて、ミルで挽いて

ドリップしています。

(サイフォンは手間がかかるし、ドリップの方が

失敗が少ないので、ドリップがオススメですね!)

 

 

あなたは、コーヒーは好きですか?

 

コーヒーについてどれだけ知っていますか?

 

ここで、

コーヒーについての豆知識を紹介しますので、

話のネタにでもして下さいね!

 

コーヒー豆の種類は大きく分けると3種類

 

コーヒー豆は色々な分類方法があるんですが、

大きく分けると3つに分ける事ができるんです。

 

 

アラビカ種

標高1000~2000mの高地で栽培されていて、

自然災害に弱い品種のため、

栽培が難しく手間がかかります。

 

日本に入ってくるコーヒー豆の6割を占め、

喫茶店やコーヒーショップの多くが使用している

品種です。

 

コーヒー好きなら名前を知っているのが普通ですし、

あまりコーヒーを飲まない人でも耳にした事のある

ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカなどが

このアラビカ種に入ります。

 

 

ロブスタ種

ロブスタ種は標高300~800mの

比較的低地で栽培されている種類です。

 

自然災害に強く栽培も簡単なため、

安価で取引されていて、

日本に入ってくるコーヒー豆の4割を占めています。

 

一般的には、独特の風味があるために

ブレンドとして使われたり、

インスタントコーヒーや缶コーヒー、

リキッドタイプのアイスコーヒー、水出しコーヒー

などに使われます。

 

リベリカ種

平地で栽培でき、干害、少雨、多雨などの環境にも

耐えるという利点があります。

 

ただ、生産量が少なく品質も低いので

日本には入ってきていません。

 

ストレートとブレンドの違い

 

コーヒーは

アラビカ種かロブスタ種かはもちろんですが、

他にも産地や焙煎方法などによって

香りや味わい、風味などの特徴が異なります。

 

ストレートコーヒーは、

その豆ならではの風味を味わう事ができます。

 

上で挙げた、

ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカなど

がストレートコーヒーの代表ですね!

 

しかし、ストレートコーヒーは

癖が強い豆(苦味・酸味など)がありますので、

そんな短所を上手く丸めるために

他の豆とブレンドしてバランスが取れるようにします。

 

これがブレンドコーヒーです。

 

つまり、ストレートコーヒーは、

その豆ならではの風味を味わえますし、

ブレンドコーヒーはバランスがとれた風味を

味わえるという事になります。

 

残念な話

 

昔は、喫茶店などの半数くらいで

ストレートコーヒーが飲める所がありました。

 

しかし、最近流行のコーヒーショップでは

ブレンドしか扱っていないのが現状です。

 

私はストレートコーヒーが好きで、

基本的にはブレンドはあまり飲みません!

 

ですので、街中でコーヒーを飲む時は

仕方なくブレンドコーヒーを飲んでいます。