未分類

浜崎あゆみのドラマ『M愛すべき人がいて』第1話の内容

 

歌手・浜崎あゆみの誕生と、その裏に秘められた

出逢いと別れを描くドラマ「M 愛すべき人がいて」

スタートします。

 

「M 愛すべき人がいて」の内容

 

ドラマ「M 愛すべき人がいて」が4月18日から

テレビ朝日系(土曜日午後11時15分)で

スタートします。

 

歌手・浜崎あゆみ(41)さんの誕生と、

その裏に秘められた出逢いと別れを描く

小松成美氏の同名小説をドラマ化したものです。

 

「平成の歌姫」として頂点にいるアユを、

ドラマ初主演の安斉かれん(20)、

アユを発掘するカリスマプロデューサーの

マックス・マサを三浦翔平(31)が演じます。

 

第1話の内容

 

第1話は上京したアユがマサに見出され、

歌手という目標を見つけるまでを描きます。

 

1993年、福岡で芸能活動をしていたアユは

家計を支えるために一念発起して上京。

 

細々と女優の仕事をしながら、

いつの日か日の目を見る事を願っている。

 

ある日アユは、レコード会社「A VICTORY」の

プロデューサーのマサが次のスターを探していると

聞き、歌手を目指す友人玉木理沙(久保田紗友)と

六本木のディスコ「ベルファイン」へ向かう。

 

フロアで出会ったマサの部下・流川翔(白浜亜嵐)に

連れられてマサのいるVIPルームを訪れるが、

アユは女の子を簡単に切り捨てるマサに反抗的な態度を

とってしまう。




注目のキャスト

 

ドラマの脚本は鈴木おさむで、ドロドロ展開、

過ぎた狂気が面白いキャラクター作りは今も健在です。

 

そして、主軸となるアユとマサのラブストーリーを、

個性豊かな登場人物たちが彩っています。

 

特に、マサに異様な執着みせる眼帯の

美人秘書・姫野礼香役の田中みな実(33)は

初回から大活躍します。

 

礼香は「私の目になってくれるって言ったよね?

あのとき・・・」と意味深に眼帯の謎をちらつかせて

マサに迫り、1話のクライマックスでもアユとマサを

引き裂こうと奮闘します。

 

また、高嶋政伸(53)演じる、マサを快く思わない

「A VICTORY」の社長・大浜が

どんな悪役ぶりを見せてくれるか楽しみです。

 

さらに、「です」しか言わない大浜の秘書役の

田中道子(30)も気になる存在です。




主演の 安斉かれんのプロフィール

 

安斉かれんさんのプロフィールをまとめてみます。

 

 

安斉かれん

名前:安斉かれん(あんざい かれん)

生年月日:1999年8月15日

出身地:神奈川県藤沢市

職業:歌手、シンガーソングライター

 

安斉かれんさんの経歴

高校1年の時に

avexの原宿アカデミーのい通い始めましたが、

当時は歌手デビューする気持ちはなかったそうです。

 

しかし、その後すぐに

「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

歌手デビューをしました。

 

今回、浜崎あゆみの告白をもとに小松成美氏が

執筆した小説「M 愛すべき人がいて」を原作とする

連続ドラマで三浦翔平とのW主演に抜擢され、

本格的な演技に挑戦するのはこれが初めてとなります。