未分類

コロナの影響でキン肉マンが休載へ(キン肉マンがコロナに負けた)

 

人気漫画『キン肉マン』などで知られる漫画家・

ゆでたまご(原作:嶋田隆司氏、作画:中井義則氏)が

13日に週刊プレイボーイの公式サイト

『週プレNEWS』を通して、新型コロナウイルスの

影響で執筆作業に影響が出たことから『キン肉マン』の

連載を約1ヶ月間以上休載することを発表しました。

 

 

ゆでたまご・嶋田氏のコメント

 

嶋田氏は次のようにコメントしています。

 

「突然のことで大変恐縮なのですが、

私たちゆでたまごの2人、及び我々のスタッフ、

集英社の週プレNEWS編集部との話し合いの結果、

来週4月20日から約1ヶ月の間、状況によっては

それ以上、更新を休載させていただくことになりました」

 

「4月7日に発令された緊急事態宣言など、昨今の

新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢に鑑み、

漫画原稿の執筆作業をこのまま平常運転で続けることが

できない、と判断させていただくに至ったからです」

 

「我々の漫画原稿は原稿用紙に直接執筆スタイルなので

スタジオに大勢のアシスタントを集めて、毎週数日、

長時間にわたり籠もって、作画担当の中井を中心に

指示をやり取りしながら作業を進めていく形を今も

続けています」

 

「それがいわゆる『3密』すべてに

当てはまるのではないかというのが1つ」

 

「その作画アシスタントをはじめとするスタッフの

中にはご高齢の家族と同居している者も

たくさんいます。日々の通勤により、彼らスタッフと

その家族すべてに感染のリスクを負わせるのは

忍びないという思いもあります」

 

「私たちは漫画を通して『友情パワー』ということを

ずっと伝えてきましたが、じゃあこういう時に何が

できるか、何をすべきかということを2人で考えた上で、

緊急事態宣言が発令された今だからこそ、あえて

『何もしない友情』というのもあるんじゃないか」

 

「今は日本のみならず世界の人が不要不急の外出を

避ける、『何もしない』という行為を率先してやるのが

最大の友情ではないかと考えました。

ずっと家にいて私たちの漫画を楽しみにしてくれる

方には大変申し訳ない気持ちもありますが、今はどうか、

そのような私どもの判断にご理解をいただければと

思います」




漫画家「ゆでたまご」とは?

 

「ゆでたまご」は漫画家ユニットで

嶋田隆司氏中井義則氏の合同ペンネームです。

 

左・嶋田隆司氏   右・中井義則氏

 

デビューした『週刊少年ジャンプ』(集英社)で

約14年執筆し、その後、他誌に活動の場を広げる。

 

設定の矛盾を気にしない展開と飛びぬけた発想を

身上としていて

主にプロレス・格闘技を題材としたギャグ漫画を

得意としている。

 

嶋田隆司氏のプロフィール

名前:嶋田隆司(しまだたかし)

生年月日:1960年10月28日

出身:大阪市西淀川区

 

中井義則氏のプロフィール

名前:中井義則(なかいよしのり)

生年月日:1961年1月11日

出身:大阪市浪速区




『キン肉マン』とは?

 

『キン肉マン』は、

人間を超越した存在・超人「キン肉マン」こと主人公の

筋肉スグルが、仲間の正義超人とともに、

次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく

プロレスを基礎とした格闘ギャグ漫画です。

 

 

連載の当初は、「ウルトラマン」を模倣した

ストーリーでした。

 

そして、途中からプロレススタイルにしてから、

人気が急上昇しました。

 

「週間少年ジャンプ」で1979年5月から

1987年5月まで掲載されていました。

 

その後、1998年より「週刊プレイボーイ」で

『キン肉マンⅡ世、2011年より

「週プレNEWS」で『キン肉マン』の

再復活シリーズがスタートしました。

 

テレビアニメでは『キン肉マン』が1983~86年、

『キン肉マン、筋肉星王位争奪編』が1991~92年

に放送されています。

 

今後の予定

 

気になる連載の更新再会ですが、

5月18日から予定しているそうです。