未分類

コロナウイルスの影響で「嵐」の活動延長はあるのか?

 

毎日、コロナウイルス関連のニュースが

飛び交っていて大変なのですが、

ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」の周りでも

多くの人が頭を抱えているようなのです。

 

「嵐」が受けるコロナウイルスの影響

 

 

東京五輪の開催が1年延期となった事で、

嵐が活動休止を延長するのではないかと、

その去就が注目されています。

 

嵐は2020年末をもって活動休止を

表明していますが、

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、

五輪は延期になりました。

 

NHKの東京五輪スペシャルナビゲーターを

務めている嵐は、このままの状況が続けば、

最後まで仕事を完遂できません。

 

また、嵐のこれまでの活動の集大成とも言うべき

5月の新国立競技場でのコンサート『アラフェス』も

このままでは開催は難しそうです。

 

さらに、活動休止前の最後のコンサートツアーも

簡単にはできない状況になります。

 

そのために現在、

活動についてはジャニーズ内でも話し合い中とも

言われていますが、どうなるのでしょうか?

 

予定通り活動休止にするのか、または、

活動休止延長とするのかファンとしては、

その去就が気になります・・・




嵐の冠番組はどうなるのか?

 

コロナウイルス感染の影響で、

冠番組を持っているテレビ局も嵐の存続問題に頭を

悩ませているそうなのです。

 

現在、日本テレビが「嵐にしやがれ」、

フジテレビが「VS嵐」という冠番組を持っていて、

活動休止が発表された段階から、どういうフィナーレを

作っていくか検討が進められてきました。

 

当然、どちらの番組も2020年末をもって

最終回というイメージで作りあげていたはずです。

 

それだけに、仮に2021年以降も嵐が活動を

続けていくと決めた場合、

番組だけを先に終わらせるのもおかしな話になります。




究極の選択は「大野はずし」

 

このような状況ですので、テレビ局側は

「大野抜きで続行」という意見が出ているとも

言われています。

 

製作会社幹部の話

仮に、そのまま予定通りに嵐が活動休止となっても、

大野智以外のメンバーは活動を続けるわけですから、

局内ではとりあえず、メンバーのスケジュールを

押さえておけ、と指示が出ている。

 

グループが存続した場合は、番組も続行。

 

活動休止した場合でも、個々のメンバーの

スケジュールを押さえておいて、新しい番組を

スタートさせると決めておけば、ジャニーズに対しても

スポンサーに対しても問題は少ないという事なんです。

 

 

 

そもそも、活動休止の原因を作ったのは

「自由に生活がしたい」とメンバーに打ち明けた

大野智さんです。

 

ですから、この先は大野智さん抜きで、

嵐の4人の番組が作られる可能性もあるのですね。