未分類

菊池涼介選手はハニートラップに陥ったのか?!

 

広島カープの菊池涼介選手が3月6日付で

元交際相手の女性Aさんから8000万円の慰謝料を

請求されたという訴えを

東京簡裁に調停申立書を提出しました。

 

菊池涼介選手といえば、

2012年に広島カープに入団後、

内野手として鉄壁の守備で知られ、

2013年から2019年まで7年連続で

ゴールデングラブ賞を獲得しています。

 

 

そして、一昨年までの広島3連覇に貢献しました。

 

昨年のシーズン後は、

アメリカのメジャーリーグ挑戦を表明したが叶わず、

今年も広島でプレーすることになっています。

 

また、昨年9月にはメディアに明かさず、

極秘結婚をしていて、

近く二世が誕生する予定です。

 

慰謝料を請求した元交際女性のAさんとは?

 

Aさんは菊池選手が結婚前に交際していた女性です。

 

広島出身の知人からAさんを紹介され、

『軽く付き合えるならお願いします』と返事をし、

会うことになったとの事。

 

Aさんとの最初のデートは東京でのドライブで、

その10日後に菊池選手はAさんと肉体関係を

結ぶことになったそうです。

 

その後、1~2か月に1度程度、遠征先のホテルなどで

Aさんと会い、交際が続いたといいます。

 

Aさんの情報

名前:不明

年齢:不明

職業:会社員

住所:不明

 

菊池選手の元交際相手Aさんは一般人であるため、

詳しい情報は入手できませんでした。

 

また、同じ理由で顔写真も入手できませんでした。




元交際相手Aさんの主張内容

 

今年に入り、Aさんの弁護士から菊池選手へ

書面が届きました。

 

書面の内容とは

 

「真剣な交際として菊池氏を紹介された」

 

「菊池選手の子供を産んでくれるかと質問された」

 

「菊池選手から(Aさんに)恋愛感情を述べられた」

 

「デートの場所や時間帯、あらゆる点で自分を殺して

菊池氏に奉仕してきた」

 

「バレンタインデーや菊池氏の誕生日にはプレゼントを

渡すなどして、結婚を前提とした交際」

 

「好きでなければホテルに呼ばないと(菊池選手から)

告げられた」

 

「2年間を菊池氏に捧げてきた」

 

「都合よくホテルに呼ばれ、弄ばれた」

 

「(菊池選手は)極めて無責任な行為」

 

「人間不信、対人不安に陥り、眠ることのできない

毎日を過ごしております」

 

Aさんは菊池選手とは結婚を前提にした

真剣な交際であったと主張しているのです。

 

そして、和解金として8000万円を提示しています。

 

また、8000万円という高額な慰謝料を請求したのは

日本を代表する野球選手として高額の年棒を得ている

菊池選手にとって、痛みのある金額である必要があると、

考えたからという事です。

 

菊池選手の主張

 

 

 

菊池選手のコメント

 

「デートは最初で最後、ドライブと食事だけ。Aさんが

どんな仕事をしているのかも知らないし、自宅も

聞いたことがない。Aさんが恋愛感情、奉仕だと

言っていることが信じられなかった。一方的な主張が

書き並べられており、威圧感を感じました」

 

菊池選手は広島で弁護士と対応を相談。

 

Aさんと肉体関係があったことは事実、

誤解が生じた可能性があるので一定の誠意は

見せるべきと判断したといいます。

 

弁護士の指示にしたがって和解金として500万円を

準備しました。

 

そして、Aさんの請求する8000万円の債務は

存在しないという調停を求めたのです。




両者の意見の食い違い

 

菊池選手の主張

Aさんとの関係は、独身時代のもの。

 

こちらの認識は恋愛関係ではない。

 

Aさんの主張

菊池選手に「早く結婚したい。子供を産んでくれるか」

などと言われ、結婚を前提にした交際と信じていた。

 

まとめ

 

両者の主張がかなりずれています。

言った、言わないというズレはよく聞く話ですよね。

 

ただ、これが菊池涼介という有名選手だったので

話が大きくなっているのだと思います。

 

ただ、Aさん側の主張を聞く限りでは、

菊池選手を陥れるものではなく、

菊池選手に誠意を見せて欲しいという

要求のように感じますので、

ハニートラップではないと思うのです。

 

今後、どう決着するのか、様子を見たいですね!