未分類

コーヒーを飲む人はこれだけ得をする!

 

気がつけばここ何年か、

コーヒーがブームになっているのを感じます。

 

当然、インスタントコーヒーではなく、

ちゃんと淹れたコーヒーの話です。

 

私は高校生の頃に、友達の影響で

インスタントコーヒーではなく、

豆からちゃんと淹れたコーヒーに目覚め、

それ以来、毎日のようにコーヒーを飲んでいます。

 

そして、ひと昔前は、

「コーヒーを飲みたいな~」と思っても

街中で簡単にコーヒーを飲む事はできませんでした。

 

コーヒーが飲みたいと思ったら、

喫茶店を探すか、

マクドナルドなどのファーストフード店くらいしか

飲める所がなかったからです。

 

しかし現在では、

スターバックス、ドトールなどのコーヒーショップが

あちこちに開店し、

比較的、簡単にコーヒーが飲めるようになりました。

 

さらに、コンビニでもそれなりに味わいのある

コーヒーが飲めるようになりましたよね。

 

それだけ、

コーヒー人気が高まっていると言っても

過言ではないと思うのです。

 

ところで、あなたは、

コーヒーがどんな飲み物であるか知っていますか?

 

「カフェインが入っていて眠気を防いでくれる」

なんて事は誰でも知っていますよね。

 

でも、それ以外の事はあまり知られていないようなので、

ここで、コーヒーの素晴らしさを紹介したいと思います。

 

実は、コーヒーは想像以上に、とても優れた飲み物で、

その効用が着目されているのです。

 

そこで、コーヒーがどれほど凄いか紹介しますね!

 

コーヒー(カフェイン)のメリット

 

コーヒーは癌の発症リスクを低下させる

コーヒーがどのように

癌の発症リスクを低下させるのか、

現在のところは完全に解明されていません。

 

しかし、コーヒーを飲むことが習慣になっている人は、

口腔がん・乳がん・肝臓がん・前立腺がんの

発症頻度が低いことが報告されています。

 

コーヒーは、脳・筋肉を活性化させる

コーヒーの中に含まれている『カフェイン』が

「眠気防止に効く」というのは、

誰でも一度ぐらいは耳にしている内容だと思います。

 

ところでカフェインには、脳だけではなく

全身の筋肉を活性化させたり、

疲れを感じにくくする効果もあるのです。

 

アルコール中毒の治療・予防に効果的

コーヒーはアルコール中毒の治療・予防に

効果的だという研究結果が報告されているのです。

 

これは、コーヒーの成分が

直接アルコールに作用するわけではなく、

「アルコールを分解する働きを担っている肝臓」を、

コーヒーが活性化させるためだと言われています。

 

コーヒーには抗酸化物質が豊富

肌・脳・内臓の老化原因であり、

がんの発症に大きな関係があると言われているのが

「活性酸素」だという事をご存じですか?

 

活性酸素は普通の酸素O とは違い

反応性に富んだ酸素で、人体にとって猛毒です。

 

そして「抗酸化物質」とは、

「活性酸素の働きを押さえる物質」の総称ですね。

 

実はコーヒーには、

その抗酸化物質が豊富に含まれています。

 

よく果物や野菜なども

「抗酸化物質が豊富で美容・健康に良い」

と言われますが、

 

1杯のコーヒーによる抗酸化作用には遠く及びません。

 

コーヒーは野菜以上に抗酸化作用が高いのです!

 

脂肪を燃やすダイエット効果がある

カフェインは、体内の新陣代謝の作用を3〜10%も

促進させる働きがあります。

 

脂肪燃焼も促進されるため、

なんとコーヒー(カフェイン)にはダイエット効果が

期待できるという事です!

 

 

いかがですか?

コーヒーって凄いと思いませんか?

 

私もコーヒーが大好きで

毎日、自分で淹れて飲んでいます。

 

また、街中でコーヒーショップを見かけると

立ち寄ってコーヒーを飲んでいます。

 

スターバックスやドトール、上島珈琲などが

よく入るお店ですかね。

 

また、コーヒーショップが見つからない場合は

仕方なくコンビニで買って飲んだりしています。

 

コーヒーは体にとても良いという事が

分かって頂けましたか?

 

ですので、あなたも是非コーヒーを

飲んでみて下さいね!

 

それでは、これで終わります。