未分類

槇原敬之、今になって逮捕の理由(薬物所持は2年前)とは?

 

シンガーソングライターの槇原敬之容疑者(50)が

2月13日、覚醒剤を所持していて、

覚醒剤取締法違反、医薬品医療機器法違反の疑いで

警視庁に逮捕されました。

 

 

逮捕の容疑は2018年3月30日

当時の住居だった港区海岸のマンションで

指定薬物、通称RUSHを64.2ミリリットル所持。

 

その後、4月11日には覚醒剤0.083グラムを

所持していたというものです。

 

2年前の事件で、今になって逮捕された理由とは?

 

約2年前に捜査された覚醒剤や違法薬物事件がなぜ、

このタイミングで逮捕となったのか・・・?

 

槇原容疑者は1999年8月にも覚醒剤取締法違反で

逮捕され、有罪判決を受けています。

 

その時に、一緒に逮捕されたのが、

芸能事務所を経営する奥村秀一元社長です。

 

この奥村元社長と槇原容疑者は2年前まで親密な

関係でした。

 

そして、奥村元社長は2018年3月に

覚醒剤取締法違反(所持と使用)で逮捕されて、

有罪判決を受けています。

 

この事件の時に、関係先として

槇原容疑者の自宅が浮上し、警視庁に捜査されています。

 

その時に覚醒剤やRUSHが発見されました。

 

しかし、

槇原容疑者は自分のものではないと否定したのです。

 

その後、槇原容疑者はガサ入れを受けたために、

自宅を引っ越しましたが、捜査は継続されていました。

 

つまり、この2年間は物的証拠を得るために、

捜査関係者は槇原容疑者を泳がせていたのです。

 

そして、ついに、当時発見されていた

覚醒剤とRUSHは槇原容疑者本人のものと断定し

今回の逮捕となりました。




今後、槇原容疑者が起訴される可能性

 

薬物所持で逮捕されたのだから、

「起訴」は当然と思われがちですが、

そう簡単にいくかどうか疑問なんです。

 

今回の逮捕劇は、

警視庁の見込み的な部分もあるそうなのです。

 

今回は薬物を実際に所持していたワケではなく、

2年前のものが槇原容疑者のものと

断定しただけなんですね。

 

つまり、今現在の確たる物的証拠は無いのです。

 

供述だけでは証拠が低いために、証拠固めをする

必要があります。

 

ですから、この2年間、槇原容疑者を泳がせておいて、

そろそろ使うだろうという見込みで逮捕した

可能性があります。

 

そして今、尿検査をして証拠固めをしているそうですが、

もし、薬物反応が出なかった場合、

不起訴になってしまうかも知れません。

 

今後どうなるんでしょう・・・?

 

捜査を見守りたいですね。

 

槇原容疑者の今後

 

槇原容疑者は過去に、

数々のヒット曲を送り出してきています。

 

本当に名曲が多く、特にSMAPが歌った

「世界に一つだけの花」はCDが300万以上売れる

大ヒット曲です。

 

これほどのミュージシャンですが、

薬物で2度目の逮捕となるとどうなりますかね・・・

 

ただ、クリエイティブな仕事ですから、

今までのように素晴らしい作品を生み出せば

売れるとは思います。




覚醒剤とは・・・

 

覚醒剤は、隠語では

「シャブ」「ブツ」「ネタ」などと言われていて、

地域によっては「アンポン」「アンポンタン」などと

言われます。

 

また、最近若者の間では「S」「スピード」などとも

言われています。

 

覚醒剤は日本で最も乱用されている薬物ですが、

アンフェタミンとメタンフェタミンの

2種類があります。

 

そして、日本国内で出回っている覚醒剤の100%が

メタンフェタミンです。

 

覚醒剤は昔「ヒロポン」と呼ばれ、

戦時中は軍用品として大量に生産され、

兵士や軍需工場で働く労働者に服用させていました。

 

このヒロポン(覚醒剤)を使うと、精神が高揚し、

疲労を取り去り、戦闘意欲や作業力を高める事が

できるのです。

 

戦後も、普通に薬局で買う事ができたのですが、

1951年に使用禁止薬物になりました。

 

RUSHとは・・・

 

RUSH(ラッシュ)は主にセックスドラッグとして

流通していて、酩酊感などを得る目的で使われています。

 

中枢神経の興奮や幻覚の作用が強いそうです。

 

大量に摂取すると呼吸障害で死亡する危険な薬物です。