未分類

クルーズ船感染者を静岡県が受け入れ、病院はどこ?

 

静岡県は7日に、

横浜港に3日到着したクルーズ船

『ダイヤモンド・プリンセス号』

新型コロナウイルスに感染した乗客を

県内の医療機関が受け入れると発表しました。

 

横浜港に停泊中の『ダイヤモンド・プリンセス号』

 

厚生労働省から6日午後に要請があり、

感染病棟のある医療機関で受け入れる事を

決めたそうです。

 

クルーズ船の現在の状況は・・・?

 

横浜港に停泊しているクルーズ船

『ダイヤモンド・プリンセス号』では

乗客乗員約3700人のうち、

7日までに61人が感染している事が

分かっていました。

 

厚生労働省によると、

新たに6人の検査結果が判明し、

そのうち3人の感染が確認されたのです。

 

ですから、これでクルーズ船で

感染が確認されたのが64人になりました。

 

クルーズ船は8日午前9時半頃に

停泊していた横浜港を離れ、

現在、沖合を航行中です。

 

横浜市によりますと、船内の生活用水が

不足していて、それ用の真水を作るために

海水をくむ必要がありますが、

真水に換えるための装置は

船が動いていないと稼働しないため、

いったん、沖合に出たという事です。

 

船に必要な物資を運び入れる様子

 

感染者が搬送された病院とは・・・?

 

『ダイヤモンド・プリンセス号』で

新型コロナウイルスの感染者のうち、

一部を静岡県が受け入れる事になりました。

 

静岡県によりますと、6日夜、

厚生労働省から受け入れの依頼が

あったそうです。

 

しかし、風評被害の恐れがあるとして

受け入れ先の病院名や人数などは

公表していません。

 

ですから、感染者が

どこの病院に搬送されたのかは不明です。

 

静岡県内には新型肺炎に対応できる

施設を整えた病院が10院あり、

ベッドは合計48床あるそうです。

 

そして、感染症指定医療機関は

病院内にトイレやシャワー室を備えた

専門の病室があるため、

外部に広がる心配は一切ないとしています。

 

ちなみに、5日と6日には

クルーズ船の感染者は神奈川県内の

5つの病院に搬送されていて、

そのうちの1つは『横浜市立市民病院』です。

 

また、感染者は他に、

東京都、埼玉県にも協力を得て医療機関に

搬送する事になっています。

 

疑問

 

何故、クルーズ船だけにこだわって

こんなに大騒ぎしているのでしょう?

 

実際には、空港の方が

遙かに多くの人が入って来ています。

 

絶対に、飛行機関係でかなりの数の

感染者が入国していると思います。

 

ですから、空港もそれなりの対応を

考えるべきではないでしょうか・・・?