未分類

「おかゆ」でダイエット!?本当におかゆで痩せるのか?

 

世の中では、実にたくさんのダイエット方法が

紹介されているのですが、

何と「おかゆダイエット」なるものがあるようなのです。

 

 

この「おかゆダイエット」って本当に痩せるのでしょうか?

 

という事で、ここでは「おかゆダイエット」とは

一体どんなダイエット法なのか?

本当にやせるのか? 

注意点する事はあるのか?

などについて調べてみた事をまとめます。

 




「おかゆダイエット」は本当に痩せるのか?

 

おかゆダイエットで何故、痩せる事が可能なのか、

その根拠についてまとめてみます。

 

カサ増しをする事でご飯の量が減らせる

 

おかゆはご飯に比べて水分の量が多く、その分、

カサが増す事になり通常よりも少ないご飯の量でも

茶碗1杯分を食べる事ができます。

 

この時、

「わざわざおかゆにしなくても、ご飯を減らして食べればよいのでは?」

という疑問があるかも知れませんが、ダイエットは食べる量が

少なくなるイメージですが、おかゆにすると食べる量は

変えなくて良いので、満足度も上がり続けやすいのです。

 

カロリーが減らせる

 

おかゆは水分を多く含むため、同じ茶碗1杯でも

摂取カロリーを減らすが可能になります。

 

ご飯は茶碗1杯(約150g)で約250kcalなのに対して

おかゆの場合は茶碗1杯(約250g)が約180kcalとかなり

低くなるのです。

 




おかゆダイエットの取り組み方(方法)

 

 

 

通常の食事のご飯をおかゆに置き換える

 

おかゆしか食べないというのは、栄養のバランスを考えると

お勧めできませんので、普段の食事のご飯をおかゆに

置き換えるようします。

 

3食をおかゆに置き換えた場合、1日で約240kclのカロリーを

減らす事が可能です。

 

そして、体重を1kg減量するには約7000kcalを調整する必要が

あるのですが、ごはんをおかゆに置き換える事で1ヶ月で1kgの

体重の減量ができると考えられます。

 

長期的に続ける

 

ご飯をおかゆに置き換える事によって減らせるカロリーは

1食あたり約80kcalと決して多くはありませんので、

短期的なダイエット効果には期待できませんが、長期的に

続ける事で無理のない確実な減量を目指す事ができると思います。

 

「おかゆダイエット」を行う場合の注意点

 

食べる量を守る

 

おかゆがご飯よりもカロリーが低いからといって、

食べ過ぎは禁物です。

 

食べる量が多くなればカロリーもその分高くなりますし、

おかゆで摂取カロリーを減らしても、別のものを食べてしまっては

意味がありません。

 

大切なのは、全体のカロリー摂取量を抑える事なのです。

 

栄養バランスを意識する

 

おかゆは米と水から作るものなので、主な栄養成分は

炭水化物(糖質)で、おかゆだけに偏った食事では

栄養バランスが悪くなってしまいます。

 

ですから、タンパク質を多く含む肉や魚、卵、大豆製品などや、

ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む野菜やきのこ、海藻類を

十分に摂れるように食事の内容を意識する事が大切となるのです。

 

 

「おかゆダイエット」について調べた結果、このような内容が分かりました。

 

あなたも、上手に「おかゆダイエット」に取り組んで下さいね!