未分類

「サツマイモダイエット」その効果と方法についてのまとめ!!

 

サツマイモがダイエットに役立つのを知っていましたか?

 

ここでは、サツマイモダイエットのやり方や注意点、

さらに、サツマイモに含まれる栄養素の働きを解説したいと思います。

 

 




サツマイモダイエットの効果とは?!

 

サツマイモがなぜダイエットの良いのか、その理由を

いくつか挙げてみます。

 

食べ過ぎを減らす

 

食物繊維が豊富なサツマイモは、ほかのデンプン食品で

ある米や小麦製品と比べると、消化・吸収に時間がかかりますので、

とても腹持ちが良い食品なのです。

 

サツマイモに含まれる「水溶性食物繊維」は、粘性があるために、

ゆっくりと胃腸を移動しますので、お腹が空きにくくなったり、

食べ過ぎなくなったりといったメリットが得られます。

 

つまり、ダイエットには持って来いの食品と言えるのですね!

 

むくみ対策

 

サツマイモには「カリウム」が多く含まれていて、むくみ対策には

ピッタリです。

 

むくみの原因の1つが塩分で、塩分を多く摂ると、

体内の塩分濃度を下げるために、体外から水を余分吸収し、

溜め込んでしまいます。

 

そして、カリウムには塩分を体外に排出する作用があり、

塩分の摂り過ぎによる、むくみを予防してくれる効果が

あるのです。

 

便秘対策

 

サツマイモには、「不溶性食物繊維」が豊富で、これが

便秘対策に効果を発揮します。

 

不溶性食物繊維は胃腸内で水分を吸収して膨らみ、腸の運動を

活発にして便通を促す作用があるのです。

 

また、サツマイモ特有の成分である「ヤラピン」には、

整腸作用が認められていますので、サツマイモはダイエット中の

便秘に悩んでいる方にお勧めの食品と言えます。

 

サツマイモは老化対策にも優れた効果を発揮します

 

年齢を重ねると、基礎代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

 

サツマイモには、「ビタミンC」「ビタミンE」

豊富ですし、サツマイモの皮には「アントシアニン」という

色素が含まれています。

 

これらのビタミンや色素には抗酸化作用があり、「活性酸素」から

身体を守ってくれます。

 

活性酸素は細胞を傷つけて老化を引き起こす原因の1つと

されているのです。

 

つまり、抗酸化作用のある「ビタミンC」や「ビタミンE」、

「アントシアニン」を摂り入れる事で老化防止になるのですね。

 




サツマイモダイエットのやり方

 

サツマイモダイエットの一般的なやり方としては、

ごはんやパンなどの主食をサツマイモに置き換えます。

 

そして、調味料から余分なカロリーを摂ってしまわないよう、

焼きイモとして食べるのが望ましい方法と言えます。

 

サツマイモは、ごはんやパンより腹持ちがよく、同量で比較すると

カロリーが低いので、カロリーコントロールに役立つと

考えられているのです。

 

お勧めなのが、間食にサツマイモを食べる事で、栄養バランス

のよい食事を規則正しく摂った上で、小腹が空いたら、

おやつとしてサツマイモを食べましょう!

 

また、間食の習慣がない場合は、副菜や汁物に取り入れてもOKです。

 

冷やして食べる

 

熱い焼きイモは美味しいのですが、ダイエット中はサツマイモを

冷やして食べるのが、さらに、勧めです。

 

サツマイモを冷やすと、デンプンの一部が再結晶化して

「レジスタントスターチ」に変化しますが、

「レジスタントスターチ」は小腸で消化されずに大腸まで届き、

腸内細菌のエサとなるため、腸内環境を整えるのに大変役に立ちます。

 

 

サツマイモを食べる量

 

サツマイモを食べる量は、1日あたり140g(約1/2本)を

目安にすると良いです。

 

これは、1日に間食から摂ってよもいカロリーの目安である、

200kcalに相当しています。

 

しかし、1日全体の摂取カロリーが消費カロリーを超えると、

体重が増えてしまいますので、高カロリーな料理を食べた日は、

サツマイモの量を減らして下さい。

 

サツマイモダイエットの注意点

 

サツマイモには食物繊維やビタミン類が豊富に含まれていますが、

食べ過ぎには注意が必要です。

 

サツマイモ100gあたりのカロリーは140kcalで、

糖質の量は30.3gになりますので、カロリーや糖質を

摂り過ぎないように、1日に食べる目安量を必ず守って下さいね。

 

また、サツマイモダイエットを行う時には、なるべく

調味料を使わないようする事が大切で、特に、高カロリーな

バターや油、高糖質な砂糖は避ける事が重要です。