未分類

ジーランディア大陸は8番目の大陸なのか?失われた大陸ジーランディア!

 

海底、特に深海にはロマンを感じませんか?

 

まだ知られていない巨大生物がいるかも知れませんし、

昔の財宝を積んだ船がたくさん沈んでいるかも知れま

せんよね!

 

そして、2017年に、ニュージーランドとその周辺海域で、

「ジーランディア」と呼ばれる8番目の大陸の存在が確認

されたのです。

 

そこで、気になりましたので

この「ジーランディア大陸」について調べてみました。

 




ジーランディア大陸とは?!

 

ジーランディア(Zealandia)」は、ニュージーランド・

ニューカレドニア周辺地域に現存する大陸地殻で、

その90%以上が海面下にあります。

 

別名「タスマンティス(Tasmantis)」と言われています。

 

ジーランディア大陸は、現在の南極、オーストラリア、

南米、アフリカを含んでいた超大陸のゴンドワナが

分裂する過程で、8千万年前に太平洋プレートと

オーストラリアプレートの活動によりゴンドワナから

引き離された結果できたとされている大陸です。

 

「ジーランディア」が作られた過程

 

ジーランディアは、

約1億3000万年前〜8500万年前に南極大陸と

分裂し、さらに約8500万年前〜6000万年前に

オーストラリア大陸と分裂し、その後そのほとんどが

海面下に没したと考えられているそうです。

 

そして、ジーランディアが現在のように、ほとんどが

海面下に沈んだのは約2300万年前くらいだと推定されています。

 

「ジーランディア」の大きさとは

 

ジーランディアの面積は、約350万km2です。

 

こんな数字を見せられてもピンと来ませんよね!

 

この大きさはは、世界最大の島であるグリーンランドよりも広く、

さらに、亜大陸の1つであるインド亜大陸に匹敵し、

現在最小の大陸とされるオーストラリア大陸の4割程度の

面積に相当するそうです。

 

下の図がジーランディア大陸を表しています。

(赤線で囲まれた部分)

 

 

ジーランディアは南北に細長い形状をしていて、北端は

ニューカレドニアで、南端はニュージーランドの亜南極諸島です。

 




なぜ、「ジーランディア」は沈んだのか?

 

ジーランディアのほとんどが海面上には出ていない理由は、

ジーランディアの下の地殻が一般的な大陸の地殻よりも

薄いからです。

 

ジーランディアの地殻の厚さは約20kmくらいしかないため、

マントルの上では、現在の海水面よりも上に顔を出せるほど

高くは浮かび上がることができないためなのです。

 

そして、海面上に出た部分として「ボールズ・ピラミッド」

あります。

 

「ボールズ・ピラミッド」とは?

 

「ボールズ・ピラミッド(Ball’s Pyramid)」はオーストラリアの

ニューサウスウェールズ州にある島の一つです。

 

 

火山活動でできた小さな島で、高さ551mあります。

この海域の中の火山岩だけでできた島群の中でも最も大きい島です。

 

まとめ

 

深海はなかなか見る事ができないために、

このような海底の大陸は簡単に発見できなかったのですね。

 

もし世界の海の水を全部を抜くことができれば、

ジーランディアは際立っているかも知れません。

 

また、海面がもっと低ければ、大昔からそこに大陸がある事を

認識できていましたよね。

 

とにかく、海底にはロマンを感じます!