未分類

最適な睡眠の時間は何時間?睡眠不足は健康に重大な被害を与える!

 

人は毎日何時間くらい眠れば良いのか知っていますか?

 

実は、その絶対的な基準は無いそうなのです。

 

 

睡眠というものは、体質、性別、年齢など個人的な要因に

影響されるため、「睡眠時間は人それぞれで、日中の

眠気で困らなければ十分である」と、

睡眠時間にはこだわらなくて良いというのが専門家の

意見なのですね。

 




理想的な睡眠時間とは?

 

睡眠不足の蓄積が健康状態を悪くする要因として知られていて、

癌、糖尿病、高血圧などの生活習慣病、うつ病などの精神疾患、などと、

様々な疾病の発症リスクを高める事が明らかになってきています。

 

そして、

特に睡眠不足が認知症を引き起こす原因の1つらしいのです。

 

こんな話を聞くと、ちょっと怖くなりますね!

 

だったら、たっぷりと睡眠時間を確保すれば良いのでは

という話になると思うのですが、

単に睡眠時間が長ければ良いというワケでも

ないようなのですね。

 

アメリカの大規模調査では、

睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿だったのですが、

逆に8時間を超える睡眠時間の人は死亡リスクが上昇する

という結果も出ているのです。

 

短い睡眠が健康にとってリスクというのは理解

できるかもしれませんが、長すぎてもダメという事には

驚きですよね!

 

年齢による睡眠時間

 

睡眠時間を調べた数々の論文をまとめたデータによると、

夜間の睡眠時間は次のようになっています。

 

10歳までは・・・8~9時間

15歳・・・約8時間

25歳・・・約7時間

45歳・・・約6.5時間

65歳・・・約6時間

 

このように加齢とともに必要な睡眠時間が少なくなるという事が

報告されています。

 

 

時々、歳をとるにつれて昔ほど長時間眠れなくなったと

いう悩みを耳にしますが、実は加齢に伴い必要とする

睡眠時間が少なくなっているというのが事実のようです。

 

成人の場合は、個人差はあるものの6~7時間前後の

睡眠時間が目安になります。

 

さらに、加齢とともに睡眠も浅くなるようで、

睡眠脳波を調べてみると、深いノンレム睡眠が減って

浅いノンレム睡眠が増えるようです。

 

そのため尿意やちょっとした物音などでも何度も目が

覚めてしまうようになります。

 

歳を重ねると、

若い頃の睡眠に比べてよく眠れなくなったという事を

経験するかも知れませんが、実は加齢に伴い体に必要な

睡眠が変化してきているのですね!