未分類

間違ったダイエットの方法!ダイエットの真実とは?!

 

世の中、ダイエットに励んでいる人が多いですよね。

 

しかし、中には間違ったやり方でダイエットに

取り組んでいる人もいるのも事実です。

 

やはり、ダイエットに取り組む場合は

正しい知識を持つ事が大切だと思います。

 

ですので、ダイエットについての正しい知識と

正しい取り組み法を紹介していきますので

是非、参考にしてみて下さい!

 




肥満とダイエットのメカニズム

 

ウェイトコントロールをするには、肥満とダイエットの

正しいメカニズムを知る事が大切と言えます。

 

あなたが、毎日の食事から摂取する栄養分は

糖質・脂質・タンパク質があり、

これらを三大栄養素と呼んでいるのは知っていますよね?

 

また、これらの他に、ビタミンやミネラルなどの成分も

健康を維持するために必要です。

 

糖質

脂質やタンパク質よりも燃えやすく

(生活のエネルギーになりやすいという事)、

速やかにエネルギーとなるので、急激な運動時には

最適な栄養素です。

 

また、脳が活動する為の栄養素は、唯一

ブドウ糖なのですが、このブドウ糖は糖質の1種です。

 

ちなみに、コンニャクに含まれる成分である

マンノースも糖類ですが、

このマンノースは人間の体の中でエネルギー源には

なりません。

 

糖質は体内に取り込まれる時は3倍の水と結合します。

 

脂質

同量の糖質・タンパク脂質の2倍のエネルギーを持ちます。

 

つまり、1g当たりのエネルギー量は糖質・タンパク質の

2倍という事ですので体内に貯蔵するエネルギーとしては

とても最適なのです。

 

しかし、逆の見方をすると、

一度体に蓄えてしまった脂肪を減らすのはかなりの

運動を必要とするという事になります。

 

タンパク質

体の基になるエネルギーで、地球上の生物の細胞は

全てタンパク質から作られています。

 

そして、エネルギーとしては、糖質・脂質が減った時に

使われます。

 

体重が減るという事は・・・

食べる量を減らしたとしても、糖質(ブドウ糖)は

脳の栄養として絶対に必要であり、

また、エネルギーにもなりやすいので常に消費されています。

 

そして、糖質が消費される時には、

その3倍の水分が放出されます

(結合していた水がなくなる)ので、

ダイエットの初期には目に見えて体重が減少するのです。

 

しかし、減ったのは脂肪ではなく水分なので、

やがて体重の減りも鈍くなりますし、食事の内容で

簡単にもとに戻ります。

 

つまり、ダイエットの初期に体重が減るのは体脂肪が

減るのではなく、単に体の水分が減っただけなのですね。

 

巷のダイエット法の紹介で、

1週間で○○kg体重が減りましたというのは、

実は、この水分が減っただけの事なんです。

 

そして、本当の痩せるとは、体脂肪が減る事なので、

脂肪を減らす方法を考える事が大切となります。

 

空腹かどうかを判断するのは脳です

空腹かどうかを判断するのは脳ですので、

ダイエットをする時には、脳が満足するような形で

減量をする事が必要になります。

 

ダイエット時には無理なく体脂肪を減らしたいので、

そのためにも、脳を満腹にする事

(糖質はしっかりと補給する)を考えて下さい。




ダイエットの取り組み方

 

ダイエットの取り組み方について簡単に説明したいと思います。

 

ご飯(米)は減らさず、おかずを減らす

好きなものは今まで通りに食べて下さい。

 

ただし、おかずを一割減らします。

 

脳には栄養が行くように、ご飯は減らせません。

 

三食、規則正しく

朝食を抜いてしまうと、体は飢餓状態だと錯覚して

しまい、エネルギーを蓄えようと頑張ってしまいます。

 

ですから、朝食はバランス良く、ボリュームを持たせて、

夕食を軽めに摂るのが丁度良いのです。

 

デザートは食前に

デザートを我慢してストレスをためてしまっては

ダメなので、甘いものは食前に食べて

脳を先に満腹にしてしまう方法もあります。

 

また、デザートを甘いものから果物にすれば他の栄養も

摂れるのでお薦めと言えます。

 

 

巷のダイエットの真実(ダイエット話のウソ)

 

「1ヶ月で10kg痩せました」という、

痩身術などを巷で見かける事がありますが、

それについて検証したいと思います。

 

よく考えて下さいね。

 

体脂肪1kgで約7000kcalのエネルギーがあります。

 

1ヶ月で10kg痩せるという事は、

7000×10=70000kcal

のエネルギーを使い切るという事になりますよね。

 

普段の食事で2000kcalを摂取しているとした場合、

70000÷2000=35日

で、35日かかって10kgの脂肪を消費する事になるのです。

 

ただし、

この数字は食事をせずに35日いう事ですからね。

 

つまり、35日断食をすると、10kg痩せられる

ワケですが、実際には35日断食をするのは科学的に

不可能な話なのです。

 

したがって、体脂肪が1ヶ月で10kg減る事は

絶対にあり得ません。

 

上でも触れましたが、

この場合の10kgの減量は水分の減少によるものと

考えられます。

 

ですから食事制限だけに頼るダイエットは考えもので、

体脂肪を減らすという視点からでは、上で書いたように、

食べない事にはあまり意味がないのです。

 

結論として、運動によるダイエット、

さらに運動と食事を組み合わせたダイエットが理想と

言えるのです。

 

 

ここでまとめた事を参考にして

あなたも正しいダイエットに取り組んで下さい。

 

そして、理想の体型を手に入れて下さいね。