未分類

TBS「グッドラック」惨敗、後番組は麒麟・川島が司会に

 

TBSが朝の情報番組で惨敗が続く

 

落語家・立川志らく(57)が司会のTBS朝の情報番組

「グッとラック!」が、今年の春で終了して、

新番組の司会に、漫才コンビ「麒麟」の川島明(41)、

サブ司会にタレントのSHELLY(36)が内定している事

が分かりました。

 

 

TBSはここ何年か、朝の情報番組で視聴率の惨敗が

続いています。

 

TBSのこの時間帯の番組は

1996年に薬丸裕英と故岡江久美子さんの

司会の「はなまるマーケット」がスタートして

その後17年半の長期の番組となりましたが、

2014年に放送が終了しています。

 

 

この「はなまるマーケット」は他局の情報番組の内容とは

一線を引いていて芸能ネタなどは少なく

生活情報を中心に展開していました。

 

そのために、かなりの視聴率を稼いでいたのです。

 

しかし、様々な理由で番組が終了すると、

後番組として、TOKIO・国分太一の司会による

「いっぷく!」がスタートしますが、

低視聴率のため、2015年3月(1年間)で終了。

 

その後は、TOKIO・国分太一と真矢ミキの司会による

「ビビット」が2019年9月まで放送されていました。

 

 

しかし、この「ビビット」も低視聴率にあえいで、

4年半で放送が終了したのです。

 

「ビビット」が終了すると、現在の

立川志らく司会の「グッとラック!」が始まりましたが、

やはり低視聴率のために1年半で終了が決まったのです。

 

つまり、TBSは「はなまるマーケット」が終了してから、

7年の間、この午前8時からの時間帯は

視聴率で惨敗が続いているのですね。




新番組の内容は?

 

TBSの「2021年4月改編資料」によると、

新たにスタートする新情報番組の仮タイトルは「SUNNY」で、

番組のターゲットは20歳から49歳までの

「アクティブ主婦」だそうです。

 

番組のコンセプトは「お金をかけなくても、今の暮らしが

10倍楽しくなる番組」との事。

 

「人気ラーメン店店主が選んだ、本当に美味しい

カップ麺トップ10」や、「有名シェフと一緒に、

コンビニ食材で最高の手抜き料理を作る」などが

放送の内容に挙がっているそうです。

 

司会に川島が抜擢された理由とは?!

 

麒麟・川島は吉本芸人ぽくない清潔感と、バラエティ番組でも

出しゃばらず、それでいて話を振られるとしっかり

笑いを取れる頭の回転の速さがあり、テレビ界では

高く評価されているのが司会抜擢の理由のようです。

 

 

また、SHELLYは、

2019年に離婚し、2児のシングルマザーとなりましたが、

夫から離婚を切り出された事など、その顛末を

包み隠さず話した事で好感度が上がりったのです。

 

そして、「シンママ」のMCというのも現代的で

良いという判断されたそうです。

 

 

次の番組はどうなりますかね~・・・

低視聴率脱出できるのか見守りたいです。