未分類

「新型コロナウイルス」を小学生が予防する方法とは?!

 

中国で感染が拡大している

新型コロナウイルスによる肺炎は

1月28日現在で、感染者が4500人超

死者が106人と猛威を振るっています。

 

 

厚生労働省は1月28日、中国武漢からの

ツアー客のバス運転手をしていた

日本在住の60代男性から、

新型コロナウイルスに関連する感染症の

症状を確認したと発表しました。

 

日本での新型コロナウイルスへの

感染者は6例目で、

武漢への渡航歴のない感染者としては

今回が初めてとなります。

 

男性は8~11日、12~16日に、

それぞれ別の武漢からのツアー客を

バスの運転手として案内しました。

 

そして、14日から

悪寒や咳、関節痛といった症状があらわれ、

17日に奈良県内の病院を受診し、

その後22日に症状が悪化、

25日から奈良県内の医療機関に

入院しているそうです。

 

日本での感染拡大が懸念される中、

どのような対策をすれば良いのか?

 

特に小学生くらいの子供や

お年寄りは心配ですよね!

 

WHO(世界保健機関)は

新型コロナウイルスの性質や

対策法を紹介しています。

 

それによると、

インフルエンザ対策と同じように、

まずは『手洗い』が重要との事です。

 

 

コロナウイルスは、飛沫感染(つばや咳)や

接触感染によって拡散している事が

分かっています。

 

咳やくしゃみなどの飛沫が直接口に入る事で

感染するケースや、ウイルスが付着した

ドアノブなどを触った後に、手で口元や鼻を

こすったり、あるいは食物を手でつかんで

食べたりして感染する場合などが

考えられるそうです。

 

日常生活の中で、多かれ少なかれ

ウイルスが手についてしまうのは

仕方がありません。

 

だからこそ、手についたウイルスを

体内に取り込むのを防ぐために、

まずはセッケンなどを使った手洗いを

徹底する事が1番の対策と言えるのです。

 

日本では、

対策としてマスクをつける場合が多いです。

 

マスクによって口元や鼻を

触りにくくなったりするので、

少しは効果があるかも知れません。

 

しかし、ウイルスはかなり小さいので

マスクの繊維の間を

すり抜けてしまいますので、

予防効果はそれほど無いのが現状です。

 

マスクは咳やくしゃみなどで

飛沫が飛び散るのを防ぐ事が

大きな目的になるでしょう。

 

ですから、あなたに小学生くらいの

小さなお子さんがいるのなら

とにかく、しっかりと手洗いを

させる事が大切なのですね!

 

また、手の衛生状態を保つために、

咳やくしゃみをする時に注意する点が

あるのです。

 

咳やくしゃみをする時に

手で口を押さえる人が多いですよね。

 

実は、この方法だと、手が触れた場所には

ウイルスが広がってしまい、

感染の拡大を助長してしまう恐れが

あるそうなんです。

 

そのため、WHOでは

「咳やくしゃみをする時には「肘」で

押さえる」事を推奨しているのです。

 

 

また、厚生労働省によると、

手などの皮膚の消毒には消毒用アルコール、

物の表面の衝動には次亜塩素酸ナトリウムの

水溶液が有効である事が

分かっているそうです。

 

今年に入っていきなり、

新型コロナウイルスのニュースが

飛び込んできて驚きましたよね。

 

今はまだ、未知な部分が多いようですが、

世界中の研究者がデータを共有しています。

 

ですから、今後

ウイルスの性質が詳しく分かり

対処の仕方が確立すると思います。